感情を押し殺すと、面倒くさい現実がやってくる

目次

感情には良いも悪いもない

私たちがこの地球に生まれてきたのは、あらゆる感情を体験し経験するためと言われることがありますね。

あまり感じたくない『怒り』『恨み』『嫉妬』『』『憎しみ』などから、

すごく気分の良くなる『喜び』『真の感謝』『至福』『』など。

いい感情だけを味わって生きたいところですが、それは不可能で必ずネガティブもポジティブも両方感じるようになっています。
(でも嫌な感情はどうしても避けたくなりがちです)

しかしネガティブな感情でも扱い方をきちんと分かっていれば、影響を受けることはあまり無いのですね。

感情というのは、本気で感じ切るとそのエネルギーは流れて消えていきます。

よく小さな子供が公園で「帰りたくない~!」と強烈に駄々をこねて泣き叫んでるのを見たことがあると思います。
しかし全力で泣いてわめいた後に、ちょっとするとコロッと気分が変わり、何でもなかったように振舞いますね

これが感情エネルギーを感じきったという意味です。
真剣にその感情を全身で味わいつくすと、スッと消えていくのですね

こうやって一つ一つの感情を本気で感じればいいのですが、大人はそう簡単にはいかないことも。

  • こんなこんな所で感情を出してはいけない
  • 涙は見せてはいけない
  • 冷静に対応しなくてはいけない

など状況によって、自分の感情を押し殺してしまう場面がたくさんあります。

この様に感情を押し殺すことが、後々に自分の人生に大きな影響を与える根本原因なのです

感じきらなかった感情は、もちろん消えることは無くて身体にとどまります。
これがとっても厄介で、勝手に消えてなくなってくれることは無いのです。

でも人は「そんな感情は無かったフリ」ができてしまうので、自分にはそんな感情は「無い!」と思っているんです

「無い!」と思っているだけで、実際には蓄積されています。 そしてこの蓄積された感情が様々なものを引き寄せ始めます。

例えば怒り。

怒ってはいけないと思っている人もいますが、湧いてきた怒りをなくすことはできないのですね。ずっと溜まっているのです。

だから怒りたくなる現実を頻繁に引き寄せます
あるいは、それでも自分の中の怒りを認めない場合は、周りに怒っている人ばかりが集まる現実を創ります

あなたの内面を見事に他人が映してくれているわけです。

怒り以外でも同じです。

本当は悲しいのにそれを無視していると、悲しみを味わう現実をたくさん創造します。
不安を抱えているのに、それに気づいていないと、様々な場面で不安になる現実を創造します。

これは同じ相手に対してということではないんですね。

場所を変えて、相手を変えて、状況を変えてやってきます。
その溜めた感情を味わって開放するために。

自分の溜めた感情を知るには

自分の現実をしっかり見てみましょう。
身近な家族やパートナーなどに対して、どんな感情を感じますか?

その感情が、今まであなたが溜めてきている感情です。

もし不快になる感情であれば、しっかりとその感情エネルギーを開放させていく必要があります。
開放できれば、同じ相手に対しても感じ方が変わって心が穏やかになってきますよ。

感じていることが心地よくなれば、それに見合った現実を引き寄せ始めます。

溜まっている感情を無視しないこと。

無視すればするほど、その感情エネルギーはますます強く大きくなって、突然ドンッと変な現実を創造します!

「なんでこんな現実になっちゃったの~??」となる前に、しっかり開放することをおススメします。

もし感情の扱い方が分からないようでしたら、『感情コントロールセッション』で身に付けてくださいね。


正しく感情を扱えるようになり、本当の自分にすぐつながれる様になり、心が穏やかな日が過ごせるようになりますよ♪

LINE・メルマガ登録者限定情報

LINE・メルマガでは現実創造の秘訣を無料配信中。
ただいまご登録いただいた方限定で『無料でワンポイントコーチング』実施しています♪お金/人間関係/恋愛/仕事/スピリチュアルどんなお悩みでも大丈夫。
お悩み解決にどうぞ無料相談をご利用くださいね。
キャンペーンなどの告知もLINE・メルマガ登録者優先でお知らせします。

登録お待ちしてます。

メルマガ登録の際は下記にメールアドレスをご入力下さい。



記事をシェアする
目次
閉じる